Home >> カーテン >> 「リネン」について

「リネン」について

UF(ウフ)のカーテン用のリネンをご紹介します。

 

UFの100%リネンカーテンは リネンのナチュラル感を 最大限に引き出したピュアな仕上り。
柔らかい風合いとカーテンの しっかりしたシェイプを保つため、 リネンとラミーを撚り合わせた 特別なリネンもご用意いたしました。
フランスやベルギーで収穫した トップクラスの素材を 日本で丁寧に織り上げたリネンです。

 

 

UFのカーテン用リネン
UFのカーテン用リネン

リネンとは麻の一種ですが、麻にもいろいろあります。

私たちが日ごろ「麻(あさ)」と呼んでいるのは、実は一種類ではありません。麻は、木や草に含まれている繊維の総称で、20種近くあります。同じ麻と呼ばれながらも、原料となる植物によって、それぞれまったく性質が異なるのです。

私たちの身近にある「麻(あさ)」と呼ばれる繊維には、リネン、ラミー、ヘンプ(hemp 大麻)、コーヒーなどの麻袋のイメージのジュート(jute 黄麻)などがあり、それぞれ違う植物から作られます。その中で最も肌に優しい繊維こそ、リネンなのです。「麻」と言えば、繊維が硬くちくちくする印象をお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、リネンはまったく違います。

●「リネン」とは・・・

リネンは、亜麻(あま)を原材料とした繊維の総称で、リンネルとも呼ばれます。亜麻(フラックス) の茎を原料にしています。フラックスは、中央アジア原産のハーブの一種で、それぞれの用途に適した種類が栽培され、種なども利用されています。

一般には薄地のさらりとした丈夫で吸湿性がある織物をさし、光沢があります。風合いはしなやかで、綿に近いです。素地の色は白か淡い黄色、「麦わら色」「象牙色」などと形容されます。「亜麻色の髪の乙女」ってありますよね。あの「亜麻」です。
ちなみに■■こんな色■■

その歴史は古く、エジプトのミイラを作るのに使われたそうです。ヨーロッパ中世の王族や貴族が使い、そして近年、ヨーロッパでは花嫁が嫁入り道具にしたそうです。

ヨーロッパでは、古くから非常に重用されているものですが、日本に入ってきたのは明治に入ってからです。

繊維の品質表示に「麻」と表示される繊維には、リネン(linen 亜麻)とラミー(ramie 苧麻)の二種類で、それぞれ違う植物から作られています。原則的に、その他の種類の繊維は「麻」と表示されることはありません。「麻」と表示される場合、リネン100%、ラミー100%、リネンとラミー混合の3種類があります。

●「ラミー」とは・・・

ラミーは、苧麻(ちょま)を原材料とした繊維です。亜熱帯・熱帯原産で、日本では古くは縄文時代の遺跡から発見されており、古代より世界中で使われていました。

色は、白く光沢があります。天然素材の中では、最も「シャリ感」があり、弾力性・コシもあります。天然素材の布地の中では、もっとも丈夫な部類に属します。

UF(ウフ)では、カーテンの素材として、「リネンの肌触り・風合い」と「ラミーの弾力性・張り」を兼ね備えた「麻」生地を使用しています(混合の割合はカーテンの種類によって異なります。ちなみにUFの「麻レースカーテン」はリネン50%/ラミー50%です)。もちろん、天然素材100%です。

 

 

リネンの特長

素晴らしい肌触り
リネンの良さは何と言っても、風合い・肌触りの良さです。長く使え、洗ううちにだんだんやわらかく、さらさらの手触りになっていきます。

皆様ご存じの通り、近年、ナチュラルで爽やかな風合いをもつリネンが注目を集めていますが、リネンの良さは見た目や肌触りだけではありません。たくさんの優れた機能性ももっています。

 

天然繊維のなかで最も強い繊維です。
リネンの繊維はとても丈夫で、水に濡れると強度も増すことから、「使い捨て」ではなく10年20年と使えます。長持ちで使うほどに風合いが増すことも人気に秘密です。
汚れが落ちやすいです
大きな分子が繊維内へ入りにくい構造をしているからです。
発散性がよく、濡れてもすぐ乾きます
すばやく水を含み乾くのも早いので、清潔に保ちやすく雑菌の繁殖も抑えます。キッチンクロスなど リネンにしていただくととても衛生的です。
吸水性はコットンの約4倍と、優れています
繊維に張りがあるので、濡れても肌への張り付きが少なく爽やかです。
毛羽が少ないです
リネンはヨジレのない繊維なので、毛羽が少ないのです。多くのソムリエがワイングラスの手入れにリネン100%のキッチンクロスを使っています。(生地や、商品の種類によっては、毛羽落ちがあります。)ほかにも、プロがグラスなどを磨くのに使うことからもわかりますが、繊維が食器に残りにくく仕上がりがきれいなので、食器を拭くのに適しています。

 

PAGE TOP

Menu

close

close